1月から始める60日間スピード転職!失敗しない転職スケジュールを大公開

カテゴリ:転職

today 2022/01/18


「今からでも4月の転職は間に合う?」

「早く転職先を見つけるにはどう動くべき?」

保育士で転職を仕様と考えている多くの人が動き出す1月。


4月の入職に向けて続々と転職活動を始めていきます。できることであれば、スムーズに転職先を決めたいものですよね。


しかし、どうやって動き始めるべきなのか分からずに、あたふたしている人も多い印象です。


そこで、今回は1月から転職活動をする人がどのようなスケジュールで動いたら良いのかを解説していきます。


この記事を読めば、4月に間に合う転職活動の計画をしっかりと立てることができるようになり、スムーズに転職することができますよ!



今から動けばまだ間に合う!ライバルに差をつけよう


4月の入職に向けて転職活動をする人が増えるのは年明け後。


他の職種に比べるとやや遅いというのが正直なところですが、実際に1月から転職活動をしても間に合うというのが保育士業界の現状。


求人情報も多くなってくるため、自分のスケジュール管理さえ、しっかりとコントロール出来れば、比較的簡単に転職先を見つける事ができるでしょう。


保育士の仕事って、いつも繁忙期なので、自分の事はついつい後回しになってしまう傾向にありますよね。


ましてや、寒い時期は子供たちも体調崩しがち。不測の事態が日々発生してなかなか動きにくくもなります。


ただ、みんなが動き出すということはライバルが多いということ。当然、条件の良い魅力的な求人は早めに埋まってしまいます。


時間との戦いな部分もあるため、しっかりとスケジュールを立てることができるかが、転職を成功させる鍵となることを忘れないようにしましょう。


逆を言えば、スケジュールを立てることができて、それ通りに動くことができればライバルに差をつけることができるということ。


できるだけ早めにスケジュールを立てて動き出しましょう!



1月から転職活動を始めるスケジュール


1月から転職活動を始めるのであれば、情報収集とそれを効率的に実行する必要があります。


まずは大まかなスケジュールをまとめておきましょう。

やること

1月

転職活動の情報収集・”応募/見学/面接”の実行

2月

内定をもらって園を決めきる

3月

引継ぎや次の園の準備

だいぶ時間にゆとりを持たせていますが、早い人であれば上記のスケジュールを4週間でこなすことができます。


その場合のスケジュールは以下の通りです。


1週目:準備、相談

2週目:見学/面接

3週目:内定をもらう

4週目:退職申し出、引継ぎの相談


本気でやれば、案外時間はかからないもの。今からだと遅いかもしれないと諦めずに活動していきましょう!



1月:転職スタートと同時に大詰め

転職活動をスタートすると同時に大詰めでもあります。準備をする時間が十分に取れるわけではないため、とにかく効率良く情報収集をすることが大切。自分の転職に求める条件(自己分析)と、求人情報をしっかり照らし合わせましょう。


自己分析がまだの方や少し転職に焦っている方は、キャリアアドバイザーに相談して、どのような準備が必要なのかを聞いておきましょう。

→30秒でカンタン登録!

→LINEで相談する


相談をすることで、今年の求人がどのような傾向なのか、自分が今どのフェーズにいるのかを確認することができます。


また、日程の確保も1月中にできると後半焦る必要がなくなります。シフト表をチェックして、目ぼしい日には印をつけておきましょう。


チェックすべき点は以下のような項目です。


  • 園見学に行けるとしたらいつか
  • 早番の日で仕事終わりに動けるのはいつか
  • 振替休日がいつになるのか


先に日程を確認しておくことで、計画も立てやすくなります。


1月中には必ず必要となる履歴書も準備しておきましょう。コンビニで売ってるため、すぐに準備することができます。書き方が分からない場合は、キャリアアドバイザーに相談する際に、一緒に聞くのがおすすめです。


相談する際に園見学や面接の日程まで決めきれると、最短で動くことができます。1月の段階で後回しにすると、次のステップに進めないため、早めに決めましょう。


保育士登録証がどこにあるのかなど、必要なものはすべて揃えておくことを心がけてください。



2月:内定をもらって園を決めきる


2月には内定をもらっておく必要があります。


内定は、可能であれば複数もらってもOKです。内定が出ているところから一番合っていると思う園を選択しましょう。できれば2~3園は内定をもらっておきたいところ。


お断りするのは心が引けるという方もいますが、全然問題ありません。


採用担当者の方も内定辞退を織り込み済みで採用活動をしています。(内定辞退が珍しいことではないため)


転職はご縁とタイミング。本当に納得できる園を選ぶことがあなたにとって重要です。


決めきれないという方は、最終決断をする前に、キャリアアドバイザーに相談しましょう。条件などを参考に、最適な園がどこなのかを絞っていきます。


第三者から「どうしてこの園が良いのか?」と聞かれる事で、改めて自己理解できる事も多いです。


もし聞かれて迷うようであれば、改めて求人洗い出しからキャリアアドバイザーと一緒に再スタートしましょう!

→30秒でカンタン登録!

→LINEで相談する



3月:引継ぎや次の園の準備

3月は引継ぎや入職する園の準備に時間を使います。


最終の内定承諾をする前でも、やることは大体同じです。承諾前にスタートしておくと、余裕を持って行動することができます。


もしも、面接に行った園で強く行きたいと思った園があれば、正式な内定通知前でも、キャリアアドバイザーから内々に面接の感想の確認をしてもらう事が可能です。


聞いてみて「大丈夫そうですよ!」という事であれば、ガンガン進めていきましょう!


退職を申し出るタイミングや次年度に担当する先生のシフトも確認しておくと、引継ぎもスムーズです。



保育園側のスケジュールも考えると早めが吉


内定が出たら早めに退職することを伝えるのが吉。


「月初で忙しそうだし今は止めておこう」「今週はバタバタしているな」など、タイミングがずれこみがちですが、早めに伝えることで相手も余裕が生まれます。


来年度に関わることのため、遅くても2月中には伝えておかないと、揉める原因にも...。


引き止めにあうことも考えると早め早めの行動が、あなたにとっても負担が少なくなります。


スムーズに退職する方法はこちらの記事でまとめています。

→保育士が円満退職するにはどうしたらいい?できない人の共通点とは



まとめ:スケジュールを組んで計画的に動こう!


1月に動き始めるのであれば、スケジュールがとにかく大切です。


シフト表に、印を必ずつけて行動していきましょう。


園のシフトがギリギリに発表されるという場合には、面接の日程が決まっていなくても、休暇希望日を先にいくつか出しておくのもひとつの手。


理由を聞かれたら、「友達が~」「ガスの点検が~」など、さりげなく伝えられるようにしておきましょう。


「あれ?転職活動しているのかな?」と気づかれないように、園見学や面接に行ける日程は把握しておくとスピード転職に繋がります。


園の採用担当者は、現役保育士さんのそういった事情をよく分かってくれているため、夜19時~や土曜の17時〜などの時間に相談できる園も多いです。


迷惑かもしれないと思いこまずに、まずは相談してみましょう!自分で聞きにくい場合は、キャリアアドバイザーに聞いてもらうこともできます。


ホイクルージョブならLINEでキャリアアドバイザーに相談できるので、しんどかったり、気力がなかったりする時でも気軽に利用することができますよ!




こちらもチェック!

【ぴったりの園のタイプ診断】 カンタン1分!
✓すぐに転職という気持ちではない
✓他の園の事情は気になる
✓何が自分に合うのが判断できない

*他の診断もやってみませんか?

 ▼▼非公開求人含む▼▼

希望条件入力で、ぴったりの園を探ししてもらう?


【今月・来月の気になるイベント】

参加方法:オンライン(ZOOM)

参加費:無料(参加でギフト券プレゼント!)

今すぐイベント日程をチェックする!


自分で気になる園に色々聞いてみたい?

会員限定のツール、ぜひご利用ください!

▼匿名Q&A の使い方

https://hoikuroo.com/article/36


オープンチャット開設! 完全匿名で転職に関する情報交換ができます!転職を目指している保育士さんが多数参加中!

絶賛インスタ稼働中! すぐに作れるカンタン制作がたくさん!