派遣保育士としてメリット・デメリット!給与や待遇の違いは?

カテゴリ:転職

today 2021/11/30


「派遣保育士って実際のところどんな感じ?」

「派遣保育士として働いてみたいけど正社員とはどう違うの?」

保育士には様々な働き方(雇用形態)があります。その中のひとつが派遣保育士としての働き方。


派遣と聞くとあまり良い印象を持たない人もいるかもしれませんが、派遣だからこそのメリットもあります。


安定した正社員に目が行きがちですが、ライフスタイルによっては派遣保育士の方が合っているということもあるでしょう。


今回は、そんな派遣保育士がどのような待遇なのか、正社員と比較してメリットやデメリットにはどんなことがあるのかを解説していきます。



派遣保育士は正社員とどう違う?


派遣保育士と正社員はご存知の通り、大きく待遇が異なります。


給与面はもちろん、保育園での仕事の仕方も変わることがあるため、しっかりと理解しておきたいですね。



給与:時給制で1,300円前後が多い

派遣保育士の給与は、時給制となっています。時給の方は所属している派遣会社によって異なるものの、大体1,000~1,500円で推移することが多いようです。(首都圏の場合)


平均すると1,300円になるため、普通にバイトなどをするよりも稼ぐことはできます。


シフトも安定して入れる傾向にあるため、月収で考えると20万円前後に落ち着きます。


派遣会社をしっかりと選ぶことさえできれば、時給の高い状態で働くことができるでしょう。



雇用主:人材派遣会社か保育園か


派遣保育士の所属(雇用主)は派遣会社になります。


一般的に、正社員やアルバイトは保育園が雇用主となりますが、派遣の場合は異なります。


人材派遣会社が雇用主となると、保育園の都合に左右されることがなくなるため、サービス残業などが少なくなる傾向にあります。


また、保育園とトラブルになった際には、人材派遣会社の担当者が間に入ってくれるため、そういった点でも安心だと言えるでしょう。



待遇:有休や産後休暇などもあり

派遣保育士といえど基本的な業務はほかの保育士さんと変わりません。


待遇は派遣会社にはよりますが、産休があったり、有休があったりします。


しかし、正社員のように賞与や昇給があるわけではないため、そういった点ではやや劣ると言えますね。


詳しい待遇は派遣会社に確認しておくと失敗がないです。



派遣保育士として働くメリット・デメリット


派遣保育士として働くことにはメリット・デメリットの両方が存在します。


自分の中で天秤にかけて、どういった働き方が合っているの可を考えながら、派遣保育士の選択肢を候補に加えましょう。


どのような働き方が合っているか分からないという方は、キャリアアドバイザーに相談してみてくださいね。あなたに合った働き方(雇用形態を含む)を一緒に考えます。

→30秒でカンタン登録!

→LINEで相談する


メリット:パートなどと比べて高給与

派遣保育士のメリットとして挙がるのが、パートなどと比べて、時給が高いことにあります。


パートであれば最低賃金だということも珍しくありませんが、派遣保育士だとある程度の額が保証されます。


また、シフトも安定して入りやすいため、月の稼ぎも安定しているのがメリットです。


突発的な残業も、派遣保育士には少なく、プライベートと両立しやすいというのもメリットだと言えます。


そのほか、派遣会社が雇用先となるため、派遣先の候補探しなど面倒くさいことは、すべて派遣会社が行ってくれるものありがたいですね。


勤務時間がきっちりと分けられていることから、プライベートを重視したい人に向いている働き方です。



デメリット:契約期間に縛りがある


派遣保育士のデメリットは、契約期間に縛りがあるということ。


どんなに良い職場で、働き続けたいと思っていても、契約満了と同時に別の保育園へ行かなければならなくなるというケースもしばしば。


また必ずしも、別の保育園を所属している派遣会社から紹介してもらえる確約も無いため、いきなり無職の期間が発生するというリスクもあります。


そういった背景もあることから、人間関係があまり上手くいかないということもあります。


職場での人間関係の充実を優先したい人にとってはあまり向いていない働き方かもしれません。


保育園にはよりますが「どうせいなくなるし...」などと思われることもあるようです。


また、正社員と比べて賞与や昇給もないため、長期的にみると、どうしても給与面でも劣ってしまうでしょう。



まとめ:ライフスタイルに合わせて派遣保育士も考えよう


保育士として働くのであれば、必ずしも正社員・パートというくくりではなく、派遣保育士も選択肢のひとつです。


家庭やプライベートのことを考えて、どうしたらバランスがとれるかを考えて選択していきましょう。


正社員として働く先を探すためのつなぎとして、色々な園を見るために派遣保育士として働くのもありですね。


派遣保育士が必ずおすすめというわけではありませんが、候補としては頭に入れておきましょう。




こちらもチェック!

【ぴったりの園のタイプ診断】 カンタン1分!
✓すぐに転職という気持ちではない
✓他の園の事情は気になる
✓何が自分に合うのが判断できない

*他の診断もやってみませんか?


▼▼非公開求人含む▼▼
希望条件入力で、ぴったりの園を探してもらいませんか?


【今月・来月の気になるイベント】


オープンチャット開設!  完全匿名で転職に関する情報交換ができます!転職を目指している保育士さんが多数参加中!



自分で気になる園に色々聞いてみたい?

会員限定のツール、ぜひご利用ください!

▼匿名Q&A の使い方

https://hoikuroo.com/article/36