保育士の異業界転職について!一体どこの業界へ転職している?

カテゴリ:転職

today 2021/10/27


「もし違う仕事をするとしたら、どんな業種が向いている?」

「保育士の人はどんな業界に転職しているの?」


保育士をしていると、同僚や先輩が転職していくのを目にする機会は多くあります。


違う保育園に転職する人も多いですが、中にはまったく違う業界へ転職しているということもあるでしょう。


違う業界へ転職している保育士の場合、どの業界に行くのか気になりますよね。


今回は、保育士が転職する際に、どの業界へ行くことが多いのかに注目して解説していきます。


この記事を読めば、転職する際の参考になりますよ!



保育士から転職する人はどんな業界へ行く?


保育士の転職経験者は多く、最近では勤続する人とすぐに転職する人の二極化が進んでいるとも言われています。


転職する理由はさまざまですが、多いのは給与周りと人間関係。


職場を変えれば、働きやすさも変わりますが、必ずしも同じ保育業界へ転職するというわけではありません。


では、どのような業界・業種への転職が多いのか見てみましょう。



事務職:資格が必要なく転職しやすい

事務職は人気の転職先です。特に資格が必要というわけではなく、PCさえ使うことができれば転職しやすいというのが大きな理由。


また、保育士という立場から、OLというものに憧れて転職する方も一定数います。


求人数も比較的多く、条件に合った転職先を見つけやすいのも特徴です。


対人での業務がメインではないため、転職してみたら思っていたのと違うということもあり、転職は慎重に考えたい業種でもあります。


逆にこちらの方が向いていると感じる方もいるため、自己理解をしっかりとしたうえで転職したいですね。


特に、自分のペースでコツコツと仕事ができる人や単純作業が好きな人にはおすすめです。



サービス業:人との関りが多く保育士に近い職種


子どもではなくなってしまいますが、サービス業は人と関われるという点で、コミュニケーションが好きな方には向いている業界だと言えます。


特に、アパレルや介護なんかは転職先として選ばれることが多くなっている業種です。


介護職は資格取得のサポートをしてくれる企業も多く、未経験でも転職がしやすい傾向にあります。


保育士としての経験を活かすのであれば、乳児院や児童養護施設、病棟保育士、発達支援教室なども転職先としてあげられるでしょう。


発達支援教室は同じ子どもの発達に関わる仕事ですが、園長先生をトップとしたヒエラルキー的な雰囲気がある保育園とは異なる組織感があるので、まったく別の業界のような働き方が可能です。


数年前には旅行業界への転職も多かったようですね。


人との関りには慣れているため、働きやすいのがサービス業だと言えるでしょう。



保育園:仕事の内容は変えず環境を変える

なんだかんだ言っても、やはり多いのは別の保育園への転職。同じく幼稚園への転職をする方も一定数います。この場合は、幼稚園教諭免許状の取得が必要になることも多いため、事前に募集要項をチェックしておきましょう。


幼稚園は、保育園と異なり「就学前教育」が前提とされているため、そういった点では準備するものなどが変わってきます。


別の保育園への転職はせっかく学んできたことですし、ある程度の仕事内容は分かっているため転職しやすいというのが大きな理由です。


もちろん、保育士という仕事が好きで離れたくないというのも理由にあがります。


特に人間関係などで悩んでいる場合であれば、別の違う保育園へ転職するだけでもかなり働きやすくなるでしょう。


「私立からや公立」、「認証から、認可外」などで考える保育士の方はも多いです。



保育士が転職しやすいのはやはり同業種


保育士が転職するのであれば、やはり同業種がおすすめ。


今までの経験を活かすことができますし、なにより経験者というのは優遇されやすくもあります。


異業種の場合、0からのスタートになるため、同じ年齢の人と比べると遅れることは大前提。


なかなかキャリアアップしにくいという問題もあります。


同業界であれば、キャリアアップを考えることも可能。保育士から離れたいのであれば、株式会社の運営する保育園に転職するのもひとつの手。


保育士以外の仕事を担当するということもできますよ!


また、幼稚園への転職も現実的でしょう。


保育園とは異なり、幼稚園は夏休みなど長期の休みもあるため、自分の子どもが小学生になる方などにはおすすめ。


季節休みが合わさり、ワークライフバランス的な観点でも、選択肢として有りだと思います。


保育園の特徴やキャリアについては、キャリアアドバイザーにお気軽にご相談ください。

→30秒でカンタン登録!

→LINEで相談する



まとめ:保育士の転職先はよく考えよう!


保育士は子どもと向き合う仕事であり、特殊な職業だと言えます。


せっかく保育士になったのであれば、やり切って後悔のない選択をしたいものですね。


よく考えた結果、違う業界へ行くというのもひとつの手です。


最後に保育士が転職することの多い業界をまとめておきましょう。

  • 保育関係
  • 事務職
  • サービス業


保育士としてどのようなキャリアを進めばいいのかは誰しも悩むこと。


しっかりと考えて、これからの人生の道を決めていきましょう!




こちらもチェック!

【保育士でうつ病になる人が増えている?なりやすい人の特徴とは】

他のコラムも読む


【ぴったりの園のタイプ診断】

カンタン1分!

✓すぐに転職という気持ちではない
✓他の園の事情は気になる
✓何が自分に合うのが判断できない


【ホイクルー公式SNS】
LINE ”お友達登録!”  保育関連の最新情報をゲット

Instagram  #保育士さん向け#園でつかえる#かわいい工作 発信中!


ホイクルージョブのお作法 シリーズもチェックしてみる

→園への直接応募(見学のみもOK)編

→求人検索/リクエスト編

→匿名Q&A の使い方編


★期間限定キャンペーン

 保育士試験応援キャンペーン! 社会福祉 スマホ模試 無料プレゼント