★保育士は結婚後も続けられる?長く働くために知っておくべきポイントは?★

today 2020/12/23


女性のライフイベントの中でも、様々な変化が起こるのが結婚です。


結婚を機に、生活リズムや住む場所が変わることで今の職場に通えなくなるといった理由から、退職を考える人も多いです。


今回は、結婚後も保育士の仕事を続けたい女性に、働き方について紹介します。


保育士は結婚後も続けられる?長く働くために知っておきたい5つのポイントは?


1.保育士は家庭と両立ができる仕事





保育士はシフト制で働くことが多く、月に数回の休みをとることができ、夜勤や深夜までの残業も基本的に無いと考えられるため、


家庭との両立がしやすい仕事だと言えます。


ただし、土日祝が休みの仕事ではないので、そういった面ではパートナーや家族の理解が必要でもあります。


また、労働が長時間になる保育園もあるため、働く前に条件や契約内容はしっかり確認すると良いでしょう。



2.産休や育休がある




保育園では産休や育休がとれることが多いため、出産を考えている人も安心して働くことができます。


比較的女性が多い職場ですので、それだけ産休や育休をとる人、仕事に復帰している人もたくさんいます。


結婚後も保育士の仕事を続けたい場合は、産休・育休がある保育園で仕事をすることがポイントです。



3.女性に理解がある職場である




保育士は女性が多いため、保育園は女性への理解がある職場だと考えられます。


結婚や出産をきっかけに仕事が続け辛くなった、復帰が難しいといった職場もあり、


それに比べると、保育士は女性への理解があり結婚後も続けやすい仕事だと言えるでしょう。


就職前に職場を見学できる機会があれば、結婚後も仕事を続けている先輩保育士がいるかなど見ておけば安心です。



4.保育園は全国各地にある




結婚したあとに不安なのは、住む場所が変わったり、パートナーの転勤による引っ越しで仕事を続けられなくなることです。


保育園は全国各地にあるため、保育士資格を持っていれば引越し先の保育園に再就職することもできます。


結婚後、同じ職場で働くことは難しい場合もありますが、保育士として仕事を続けることはできるでしょう。



5.30代〜50代の再就職先としても人気




保育士は、退職した人や主婦の再就職先としても人気があります。


東京都福祉保健局が発表している調査データでは、平成25年4月から平成30年3月までに東京都で保育士に登録した人のうち、約40%が保育士試験を通じて資格を取得しています。


特に30代〜50代の女性は、仕事や家事と両立しながら保育士資格を取得し、保育士を目指しています。


子育てが一段落した後に保育士になったり、新しい仕事として保育士が選ばれています。


結婚や出産で一度は保育士をやめてしまっても、保育士資格を取得しておけば、更新や期限はないため、また保育士として活躍することもできます!


そのため、長く働きたい人も安心です。